AIダッシュボードの使用方法~解析結果編~

ダッシュボードの解析結果について紹介いたします。

  • 集計対象画像
    image
    データセットの全画像に対して何枚が集計対象の画像なのかを指しています。
    結果なし画像は解析領域が全く存在しない画像の枚数を指しています。
    フィルター設定でデータを絞り込んだ場合、以下のように表示が変化します。
    image
    なお、表示が更新されない場合は再集計ボタンを押してください。

  • 実行速度

    • 中央値
    • 最大
    • 最小
    • グラフ
      • 白い線は画像ごとの処理時間の推移
      • 黄色い線は中央値
  • 結果サマリー

    • 混乱行列(正解/実行結果)
      image
      image
      正答率を示す表です。
      「検出あり」のデータが「検出あり」と判定された場合は結果が正しいと言えます。
      その正しい部分が白い数字、誤った部分が赤い数字、不明なものは黄色い数字で表示されています。
      グラフの数字をクリックすると結果画像一覧の画像を絞り込むとこが出来ますので、
      失敗した画像に着目して分析することが容易になります。
    • 領域検出
      • スコアヒストグラム
        image
        • 赤ヒストグラム
          • 実行結果が「検出あり」となった画像の最大スコア
        • 緑ヒストグラム
          • 実行結果が「検出なし」となった画像の最大スコア
        • 赤と緑の山が綺麗に分かれるような閾値を設定するのが一般的には好ましい
    • クラス分類
      • 円グラフ
        image
        • 正答
        • 誤判定
          全て正答していると誤判定の円グラフが表示されません。
          以下のように誤判定がある場合は表示されます。
  • 結果画像一覧

    • メニュー
      image
      • フィルター適用
        image
        • 結果画像一覧に表示されている画像のファイル名をフィルター設定のファイル名に設定してデータを絞り込み
      • レポート出力
        image
        • タスクに応じたフォーマットでレポートを出力
      • ソート
        image
        • 昇順/降順の切り替え
        • ソート条件の選択
      • ページ
        image
        • ページ戻し/送り
        • 全画像を表示
          • ページ分けを行わずすべて表示(画像が多いと表示が遅くなる可能性があります)
    • 結果画像
      • 画像をアノテーションタブで確認
        image
        ボタンを押すとアノテーションタブに遷移して即座に確認することが可能
      • それぞれのタスクで得られた情報を表示
        • 領域検出
          image
        • クラス分類
          image
「いいね!」 1