小さい解析領域を無視する方法

小さい解析領域を無視する方法を紹介します。
この方法を使うことで、不要な解析領域を除外して
解析を行うことができます!

①対象ワーク以外にて過検出発生
(正しくは検出領域数1のところ、検出領域数が3になっている)

②解析設定より面積閾値を設定し、適用をクリック
(例_面積閾値200に設定)

③検出領域数が1になる
(200ピクセル以下の領域が解析領域より除外された)

④上記の結果を子タスクへ反映させる
※先ほど設定した状態では子タスクの検出領域数は3のまま

⑤接続設定タブを選択し、面積制限の親タスクの閾値を入力をクリックし、適用する。

⑥親タスクの面積閾値が適用され、検出領域数が1となった

「いいね!」 2