位置合わせの精度向上

位置合わせを行い、子タスクでマスクを掛け限定した箇所の検査を行いたいと考えています。
画素数12M[px]の大きな画像を扱うため、処理速度が大きくなってしまいます。

なるべく早く、精密に位置合わせを行いたい場合におすすめの前処理等がありますでしょうか?
(x,y,θ方向を合わせたいです。)

ご教示ください。

「いいね!」 2

ご質問ありがとうございます。

まず速度についてです。
2000x2000に画像を例に説明いたします。

AKAZEの場合

オクターブ数とオクターブレイヤー数を小さくします。
image
565ms->71ms

ORBの場合

ピラミッドレベルを小さくします。
image
72ms->22ms

SIFTの場合

1765ms
速くできませんでした。

処理速度一覧(ms)

手法 通常 高速
AKAZE 565 71
ORB 72 22
SIFT 1765 -----

精度に関しましては、対象物によりますので色々試していただきたいです。
余計な部分に特徴点が取れてしまっている場合はマスクをお使いください。
以下のように特徴点が対象物から満遍なく取れていると成功しやすいと思います。

最後に次のリリースで公開する予定の新機能の紹介です。
大きい画像に対してはリサイズを行いたいという要望も多くいただいたので実装致しました。
image

リサイズ時の処理速度一覧(ms)

手法 1/1 1/2 1/4 1/8 1/16 1/32 1/64 1/128
AKAZE 565 185 60 15 3 失敗 失敗 失敗
ORB 72 23 9 5 2 失敗 失敗 失敗
SIFT 1765 464 118 27 9 4 失敗 失敗

だいぶ速くなりますね。
ちなみに1/16あたりから精度が出なくなりました。

こちらの機能は次回リリースまでお待ちください。

「いいね!」 2

早速のご回答ありがとうございます。

参考にさせて頂き、実験してみます。

次回リリース時の機能ですが、位置合わせではリサイズ、子タスクでは通常画像で検査が出来ますか?

「いいね!」 2

次回リリース時の機能ですが、位置合わせではリサイズ、子タスクでは通常画像で検査が出来ますか?

はい、できます。
基本的にリサイズはそのタスクのみの一時的な処理となっておりますので、
子タスクは等倍の画像が渡されます。

「いいね!」 1

承知いたしました。

その他
位置合わせ終了後に任意の解析領域を設定できると助かります。
可能でしたらご検討をお願いいたします。

「いいね!」 2

位置合わせ終了後に任意の解析領域を設定できると助かります。

こちらに関しては以下で触れているのですが、次回リリース予定です。
位置合わせの直線フィッテイング機能

「いいね!」 2