最近よく見るロゴ付きQRコードについて

(本記事はMENOUフォーラム1周年記念企画の技術コラムです)
最近、QRコードの真ん中にロゴが入っているものをよく見かけます。

QRコードの読み取りの仕組みを知っている身としては、
なんてデンジャラスなことをしているんだ…と思ってしまいますが、
何故こんなことが出来るのでしょうか。

実はQRコードには誤り訂正機能というものがあり、
ある程度欠損していても読めるようになっています。

レベル 訂正能力
L 7%
M 15%
Q 25%
H 30%

とても強力な訂正能力を持っているが故に読み取りに失敗しない前提で運用されていることが多いように思えます。

一方、エラー訂正があまり強力でないJAM(EAN)コードには数字が一緒に印字されていて、
会計時に読み取れなかった場合などに店員さんが手打ちで数字を打ち込んでカバーしていると思います。
ean.png

そのためQRコードは人から見ると何を指しているのか全く分からないので、
ロゴを入れて人に何を指しているのか伝えるのは効果的だと思いました。

というわけでMENOUのQRコードを作ってみました。

これを読み取ってみます。


結果を拡大してみてみると、
image
確かに読めていますね。

ただし、誤り訂正能力以上の欠損があった場合は読み取りに失敗します。

また、ファインダーパターンという四角形があるのですが、
image
こちらを隠すとQRコードの位置がわからなくなってしまい、失敗してしまいます。


そのため、ファインダーパターンを避けてあげる必要があります

・・・!?
「あれっ、MENOU-TEってQRコード読めたっけ?」と思った方に朗報です。
現在バーコード読み取り機能を開発中です。
ある程度の1,2次元バーコードの読み取り機能は実装致しました。
image
今後、リリースに向けてブラッシュアップしていきたいと思います。

「いいね!」 2